スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光回線(フレッツ)のWindows7の設定

WindowsVista以降のOSでは通信の設定(MTU/RWIN)は自動設定となってまして
XP時代までみられたような手動設定が効きません。 一応自動設定(チューニングレベル)は
OFFにすることが可能で、そこから手動でMTU・RWINを自分で設定できますが、効果はでず、
OFFの状態の速度のままになってしまいます。

したがって基本的にはチューニングレベルは自動のままでそのレベルを設定することで調整することができます。


やり方

1、WindowsのUAC(ユーザーアカウント制御)を切る。 もしくはコマンドプロンプトを右クリックで管理者で実行。

2、コマンドプロンプト画面で以下のコマンドを打ち込む

 (1)現在の設定値を確認するコマンド
     netsh interface tcp show global   を入力してEnter

     出てきたら受信ウィンドウチューニングレベルを確認=これが現在の設定値

     Normal=デフォルト
     disabled=自動チューニング無効
     highlyrestricted=デフォルトより受信量拡大
     restricted=さらに拡大 
     experimental=restrictedの制限対応(非推奨)

 (2)上記の設定値を変えるコマンド
     netsh interface tcp set global autotuninglevel=(設定値)

     例)netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted


     OK と出たら設定完了。 リアルタイムで設定が更新される。
     なお、設定目安としてはある程度のスペックとADSLで高帯域とか光回線等のブロードバンドなら
     highlyrestricted か restricted がお勧め。
     ちなみに自分の場合はhighlyrestricted

     ADSL10M位だとNormalのほうがいいかもしれない。そこは試してみてくださいな・・。


3、 AFDのパラメーターを変更する。
   
   AFDをいじるにはWindows設定ソフトComfortablePCの拡張モードから設定可能で
   他のソフトでも類似機能があると思うがそれ以外ではレジストリ操作することになるので
   このソフトを用いたほうが手っ取り早い。

   AFDのパラメーターをいじることで上がり速度をかなり向上できる。(自分曰く)

   というのも通信関係のパラメーターをいじってたらいつの間にかのぼり6Mbpsしか出てなかった・・w
   下がりは50Mbps前後ね。

   そして、AFDを再設定してみると・・・

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.3
測定時刻 2012/06/05 12:31:24
回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows 7/北海道
サービス/ISP:Bフレッツ ハイパーファミリー/biglobe
サーバ1[NTTPC(WebArena)] 50.9Mbps
サーバ2[ さくらインターネット ] 46.3Mbps
下り受信速度: 50Mbps(50.9Mbps,6.37MByte/s)
上り送信速度: 95Mbps(95.3Mbps,11.9MByte/s)

なに、こののぼり速度wwww馬鹿野郎www

何回か図ったけど、ほぼこの数値・・・orz うーむ・・・


ってことでオイラが設定したAFD設定値は

LargeBufferSize  16384 (規定値は4096)
MediumBufferSize 3008 (規定値は1504)
SmallBufferSize 256  (規定値は128)
TransmitWorker 32 (規定値は16)


上記はあくまで自分の通信環境(100M/フレッツ)の場合なので
各々で設定は変わるけど、試す価値はあるかもしれないですな。



 






これで設定に区切りがついたかな。

KP41が絡むフリーズ及び再起動現象について色々設定を替えたりして
昨日ほったらかしてたOCCTの6時間テスト完走が無事完了したので、
これでひと段落かな・・・。

ってなわけでBIOSのセッティング


※注

掲載以外の各所の電圧とかほんとはマニュアルにしたほうがいい(ASUSのAuto設定は盛ることがある為)
のだが、NBやSB等のうちのM/Bのモニタリング可能なものがWindows向けで見当たらず、テスターもうちに
ないので・・・仕方なくAutoとしてる。
というかNBやSBとかまで調べられるモニタリングツールは無いんじゃないかな・・。

あとFSB Strap to NorthBridge は400MHzではOS起動時失敗し再起動起きる
うーん。

ということで現在の設定について


FSB            420MHz
FSBStraptoNB    333MHz (400MHzではどういじろうと起動失敗する。)
DRAM           841MHz (規定クロック+10パー)
DRAM タイミング    6-6-6-18 (標準では5-5-5-15)
DRAM Voltage    1.98V (標準では1.8V。  KP41対策)
LLC            Enabled 
CPUスペクトラム拡散 Disabled 
CPU Clock Skew  400ps


半日テストするのもあれなので6時間ほど放置してエラー吐かずに完了してたので
これで後はラペ稼働中等で再起動かかってKP41とか出なければいいなぁ・・
de.jpg


うちのSSD(キングストン製・東芝製SSDコントローラ)は今日も絶賛稼働中。
ラペもここにぶち込まれてますw

          

最近ラペが重くなってるから少し設定をいじってみる。

ラペはホント重いね。古い設計で取ってつけたような追加実装と複雑な処理に
ゲームの通信処理(鯖の能力というより鯖のプログラムだと思うが)、細かいバグ
色々。


やっぱレスポンスが悪いと快適とは言えず、自分のPCもそれなりに強化してはいるものの
やっぱ古いので、今のスペックでどれだけつめれるかいろいろ試してみることにした。


まずシステム設定関連。

以前から色々いじって最適に動くようにしてたがさらに切り詰めてみた。

・アンチウィルスのヒューステリックを一段階落とす(普通に使うならこれでも十分ではある)
・ラペルズのフォルダに対してアンチウィルスの保護対象から外す。(不正侵入がない限りは問題ないしラペが軽くなる)
・不要なサービスをさらに無効にしてシステムのCPU・メモリリソースの割を減らす。(参照

   ※該当サービスを利用してるなら止めると不具合とか不能に陥るので無効にするかは考えておくこと。

・OSの電源関連を高パフォーマンスモードに設定。
 節電と叫ばれる中でこれはアレだけど、ラペを快適に動かす意味では目をつむらねばなるまい。

・デバイスマネージャーにてLANカードの詳細設定を変更。
 ・フローコントロール ON
   フローコントロールってのは通信データのバッファが限界を超えてフローしないように
   制御して、パケット損失とかをしないようにして通信を安定化する機能なので、これは
   普通入れておくべき機能で、おいらはいつの頃かこれを切ってた模様(笑
   
 ・TCP、UDP両方のチェックサムオフロード(IPv4、IPv6両方)をOFFにする。
   このチップではどうやら通信処理があんま高くない模様なのでCPUに肩代わりするようにする。
   
   ※チェックサムオフロードは昔のころは通信チップの処理が遅く足を引っ張っており、結果CPUに
     負担を強いていたが、今では通信チップも高度になり通信チップ側に処理を負担させることで
     CPUへの負担を減らすようになった。 この機能は正確にはパケットのチェックサム計算を、
     ON→チップに処理させる  OFF→従来通りCPUにさせる
     ってことになる。

     インテル製の高級(笑 な性能高いNICならチェックサムをNICに任せると良いと思うが、
     オンボードで廉価なチップの部類のAtheros製チップは処理は高いとはいえなさそう。

     とりあえずCPUの処理に余裕あるからチェックサムをCPUにしたほうが若干の通信は改善
     すると見た。


・BIOSの設定をちょっといじる

     ・4.2GHzで絶賛稼働中(笑 のCPUのクロックを4.1GHzに落としてみる。  
       OCCTで1時間弱でエラーはいて止まってしまった為・・w
     ・4.1GHzでは割と安定。
     ・CPUのスペクトラム拡散(Spread Spectrum)をDeisableにする。

      スペクトラムは高クロック時の高周波等の周囲への影響を低減する仕組み(EMI)で
      これを入れると、クロックを小刻みに上下するようになり、ある意味可変クロック状態。
      変動幅は最大で±0.25パーセントとも言われるのでこれを切るとオーバークロック耐性
      が向上したりする(笑


・ラペを入れなおしてみる

      ・これが意外やかなり効く。ラペをインストールしてるとアップデートしていくごとに
       実は内部にパッケージされたファイル群に使用してないようなゴミがたまる。

       例えばラペの最新版をインストールして初回のアップ後の容量と
       ラペを1年間位プレイして最新アップデートした状態では容量に
       数百M位違いが出たことがあった これは実際確認した。

       ってことで、長期間ラペを入れなおしてない方は是非一度ラペを消してインスト
       ールし直すことをおすすめしますw




というわけで、実際プレイしてみたが若干良くなったように感じた。
とはいっても劇的ではないけどね・・・。


しばらくこれでやってみることにしよう。
ついでにKP41もこれで軽減してくれればいいんだけどw

だめかー><

 COMODO Internet Security (CIS)運用3日位での感想

・IMEの日本語変換に時間がかかることがまれにある。(変換キーおしたら出るまで3~4秒待たされる)
・ラペ動作中にIMEの日本語入力が入力レスポンスが遅いことがある
・webサイトの通信がやけに遅く感じる時がある

+DEFENSEとか切ってもあんま変化なし・・・・ うーむ。

COMODOのほうが堅牢性高そうではあるが
PCtoolsのほうが安定性いい感じするし・・・。



正直言うとPCtoolsに戻したんだけども、なかなかうまくいかんもんだねぇ。
でもPCtoolsは無料版のダウンロードページを消しちゃった。(正確にはミラーは残ってるらしいが)
シマンテックに買収されたのが2008年位だからね・・・。



あとAvastってファンもいればアンチもいるが、評価はやっぱ高い。
実はノートンって日本では有名ソフトでセキュリティソフトっていえば
ノートン、ウィルスバスター、トレンドマイクロって具合に有名どころがあるのだけど

実は世界的にみると、Avastが一番普及してるのよね。
というのも無料系で名をはせてるといっても過言ではないのだけどね。

無料系なのに、有料に匹敵・優良を超えるくらいの機能とか実装してるから
オイラは好んで使ってる。検出率もアンチに言われてるほど悪くはないしね。

実際検出率で

90パー以上の検出率があるのならそんなにセキュリティソフトに差がないのよね。。
よほど危ないサイトにはいるとかウィルスメールが頻繁に来ない限りは。
使う人の良しあしともいうか。

オイラは検出率が一定以上あるのなら、

・トラフィック監視とかWebガードとかついたもの
・メールスキャン
・リアルタイムで保護
・軽めのソフト

さえあればあとはいらないと思うのよね。
だからノートンとか有料系をやめたのよね。無料でも十分高性能なのあるってことで。

あとFWに関しては

ホスト型侵入防御システム(HIPS=Host-based Intrusion Prevention System)
通信レスポンスがあまり低下しないフィルタリングドライバー
あとあまり複雑すぎない位の使いやすいもの(笑)

ただ前述したCOMODOのHIPSに関していうと
少々設定がシビア。 設定次第でアプリが起動しなかったり不具合でたり、通信できなくなる。



いまFWで実装されてるHIPSというシステム(今は結構なソフトが実装)は

まずファイアウォールの基本機能である通信制御(パケットフィルタリング)
→平たく言うと通信を制御する機能でパケットを遮断したり通信を開いたりする

侵入防止システム(IPS:Intrusion Prevention System)
→元々設定や備わっているデータベースをもとに侵入を防御および遮断する機能

不正侵入検知システム(IDS:Intrusion Detection System)
→ネットワークのパケットを監視することで不正を判断して知らせてくれる機能
IDSとIPSはある意味セットともいえる。

この3本柱でFWは構成され今はその発展系のものが使われてたりしますな。
まぁそれらを組み合わせてアプリケーション制御したりして一本にしてるのがHIPSともいえる。

ただ無料系でHIPS実装のFWってのはまだそんなに多くない。
またつい3~4年位までHIPSを実装してなかった有料系のファイアウォールもあった。
(つまりパケットフィルタリングとアプリケーション制御のみ)


まぁそれは置いといて、COMODOは正直相変わらず制御が難解で不安定で
PCToolsのほうが使いやすいとおもった・・・。



またCISに戻るの巻

皆さんはセキュリティソフトなに使ってるのでしょうかね・・

優良はたまた無料、統合型のもの使ってる人、個別に別ソフト導入・・
まぁさまざまですね。

自分はセキュリティソフト関連は

・ノートンインターネットセキュリティ

・ノートン360

無料系に移行してからは、、

avast・Kingsoft・Avira・AVG・COMODOとか
ZoneArarm・Outpost・Sygate・pctoolsとか

まぁさまざまなものを色々使ってきましたけども

先日までは

Avast antivirus+PCtools Firewallという組み合わせにしてました。
(+BitDefender コマンドライン版)


まぁPCtoolsがノートン傘下になったのもあってそれ以降フリー版のPCtoolsが
更新望めそうにもないのと、COMODOのCISが最近結構頑張ってるらしいので
一時期使ってたのもあってCOMODOに回帰してみることにしました。

ってことで
事前にダウンロードしておき、回線遮断。
avastとPCtoolをアンインストールし、ハードディスクSSD内のフォルダレジストリ周りから残存情報を
全部消して、

CISをセットアップ開始

GeekBuddyとDragon はチェック外して導入カット。
COMODOの広告画面。画面左下の「Do not show this~」にチェックし閉じる。(広告消し)

comodo1.jpg


色々設定が必要なCIS。 初心者にはちょっと敷居が高いけど、まぁこの系のは手慣れてるので
オイラには問題なしw

Defense+の設定は
sandboxはとりあえず無効。そこらへんは後々いじるかな。
クラウド関係も調べてからオンにすることにした。

ファイアウォール設定
comodo4.jpg
comodo3.jpg
comodo2.jpg


設定が違うと、ローカルで作動してるサードパーティ系とかフリーソフトとか
アクセスブロックしてはねやがる位のなかなかシビアなソフトなので、しばらくにらめっこすることになりそう。

<<PREV | | NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。