スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おすすめなツール dec

今回ご紹介するのは「DEC」というツールです。
あらかじめ言っておきますが規約とか触れるようなツールではないので
ご安心を^^

このツールはDirectXを使用するアプリケーションの描画フレームレートを
強制的に制限かけることで負荷を減らすことが可能なツールです。

ちなみにラペだとDirect9を使用しており、正常に使用可能です。

通常、ラペだと60fpsという速度で描画を更新しています。
この場合GPUだけじゃなくCPUにもきっちり負荷がかかります。

この60fpsというフレームレートですが、人間の操作感では30fpsでも
普通通り快適にプレイ可能になってます。
(一般的アニメのフレームレートは24~30fpsと思ってください)

通常60fpsのところを快適さを維持しながら30fpsまで落とすことが可能
となり、PCの負荷もおさえれるというものとなります。



ただし、30fpsより下に制限かけると、描画がもっさりする恐れもあるため
ラペだと30fpsを目安とした方が良いみたいですね。

また、もともと稼働中が30fpsより下回ってる状況のようなスペックだと
DECの恩恵はあまりありませんので、、、その点はご理解を・・・


このツールはラペのクライアントをいじるものではなく、単純にラペのイン
ストールフォルダに入れるだけというものです。

decを解凍すると


d3d8.dll
d3d9.dll
dec.ini
readme.txt

がはいってますので、
d3d9.dll と dec.ini をラペのインストールフォルダ内(SFlame.exeと同じ階層)にいれます

dec.iniをメモ帳で開き、
Limit=60.0 のところを
Limit=30.0に修正します

あとは上書き保存して完了

ラペを起動すると

dec.png

という風に、左上に29.9と現在のフレームレートが表示されて
29.9と出てますが30fpsに制限されてるのが確認できるようになります。

これにより、ゲームの描画負荷を下げることが可能です。




ダウンロード先ですが、decの配布もとが閲覧不能となっており
http://secondtime.ddo.jp/blog/

入手は海外とかどこか探せば手に入るかもしれません。
「Frame Rate Fixed tools」でググると幸せになるかも・・・。



2012/1/25追記
ささやきで見てくれてdecが見つからないとのことでして配布に関して考えたんですが
配布もとが消えてしまってわかんなくなってるため、本日より7日間ですが
firestorageにて保存しておきます。

http://xfs.jp/owMZZ (短縮URL)

何かしら問題があればすぐURLごと削除する予定です。
また保存期間終了後についての再度希望の方がいましたら
ささやきで返事いただければ幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。