スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.1

せっかくラぺインしようとおもってた矢先、具合悪いっていうか、
風邪でしょうか。。薬飲まねば・・


Win8.1適用したものの、P8Z77V-PROのEFI-BIOSの最新ファーム
があがってたようで、うーん、環境構築しなおそうかなぁ

ラぺやろうと思ってたんですが、せっかくですからWin8.1環境
のための構築でもやってみようと思います。



20131016_000737.jpg




スペックは左記通りということで


CPU:Intel i7 3770K (Ivy-Bridge) 3.5GHz(TB時3.9GHz→4.2GHz
Cooler:ENERMAX ETS-T40-TB
Memory:32 GByte (DDR3-1600、定格・8GB×4)
マザー:Asus P8Z77V-PRO
チップセット:Intel Z77
GPU:ELSA nVIDIA GeForce GTX 660 GDDR5 2GB PCIe3.0×16

SSD1:Intel SSD330 series 120GB
SSD2:Kingston SVP100S2 96GB
HDD1:Seagate ST2000DM001 2TB
HDD2:WesternDigital WD5001AALS 500GB
DVD:HL-DT-ST DVD-RAM GH24NS50
USBD:UFD Silicon-Power 32G USB3.0

NIC:Intel Gigabit CT Desktop Adaptor
PSU:Scythe CHOU-RIKI plug-in 600W 80plus GOLD

LCD1(左):DELL S2330MX(23インチ DVI-D、1920×1080)※サブモニター
LCD2(右):LG 22EN43 (22インチ DVI-D、1920×1080) ※メインモニター

MOUSE:Logicool G400
Keyboard:Logicool K200

KDDI-Optical fiber-Line 1Gbps






基本的なセオリーとしてはおいらの場合、Windows環境構築の際は

・原則としてLANケーブルを抜いておく
・内部増設カード・USBキーボードとマウス以外の外部接続は外す
・EFIBIOSをデフォルトロードする
・最新ファームを先に用意しUSBメモリに保存して接続
・再起動してEFIからユーティリティを用いファーム更新
・更新後の最初のEFIメニューからデフォルトロードで保存(USBメモリは外す)
・いったんCMOSクリア(電源コード抜いて電源ボタン長押しし内部帯電も抜いてから行う)
・PC再起動、EFIが初期化されるのでデフォルトロードし保存
・再起動後EFIで不要な機能をDisableし、他いじるところがあれば設定する。オーバークロックは行わない。
・Windows8 DVDディスクを入れて、EFI保存し再起動。
・EFIを起動し、EFIからWindows8 DVDを起動→UEFIセットアップ
・あとはいつも通りの流れでセットアップ
・セットアップ終了後、あらかじめ用意しておいた8.1対応各種ドライバを適用。
・セットアップ後はWindowsファイアウォールやDefenderが自動有効されているのでLAN接続からネット接続。
・MediaCenterPackを導入。この際にWindowsアクティベーション認証しておく。
・Windows8.1をWindowsストアから導入
・サードパーティ系のセキュリティティ対策ソフトを入れて設定。
・各種アプリ等インストール
・細かいカスタマイズやチューニング
・ディスクイメージバックアップを取る

以上 の流れとなるかな~。


とりあえず急ピッチで進めたいと思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。