スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8 におけるちょっとしたネタを

お久しぶりです!

いやはやかれこれ随分とラペにインもせずリアル仕事で多忙の日々が続いております。
ブログの方は1ヶ月放置の広告まで出ている始末・・・w


お盆というのもあって、そろそろインでもと思っております。



その前にと言うか、Windows8をつかっているこのPC。
左記のようなスペックなゲーミング用途なマシンでありますが
みなさんUACというのはご存知でしょうか?

UAC=ユーザーアカウント制御 ってやつですね。

プログラムを起動すると暗転して訪ねてくるアレです。
セキュリティの一貫で付いているのですが、

システム弄ったり、色々と扱うようなおいらみたいな人種には非常に
ウザいシステムであったりします。

Windows8ではこのUACの動作に変更があったのはご存知でしょうか?
実はこいつの設定画面にて

uac.jpg


上下スライドバーを一番下にすると

Windows7では完全無効化というか無視できるようになってたのですが
Windows8では通知しないって形であり、システム内部では生きている状態となっています。

つまりこのような状況のために、一部アプリによってはUACを無効化した?はずなのに、
不具合が発生するケースもあります。

このような話を検索エンジンで調べてもあんま出てきません。(海外では記載あるのかもしれないけど)



UACを完全に無効化することで恩恵があるソフト(一部のマウスユーティリティやUAC不完全対応なソフト)
があるということでおいらはいつもこれを無効化にしております。


が、Windows8のUACはいわゆるスクリーンアプリたる「Metroアプリ等」と密接に連携しており、
UACを完全無効化にするとMetroアプリが起動不能となってしまいます。

ちなみにWindows8.1はアップデートがMetroアプリのマーケットプレイスから無償提供されるらしい
ので・・・とどのつまり「UAC」をどうするのかちょっと考え中です。



さて、Windows8でUACを完全無効化するには2つの方法があります。

1、レジストリでオフにする方法

 1、レジストリエディタを開く
 2、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System
   に移動する。
 3、「EnableLUA」をダブルクリックで開き、値を16進数で"0"に設定する。
 4、レジストリエディタを閉じてWindowsを再起動。
 5、再起動後、UACが無効になる。

2、ローカルセキュリティーポリシーで設定する方法

 1、コンパネ→管理ツール→ローカルセキュリティーポリシーを開く。
 2、左のローカルポリシー→セキュリティオプションを開く。
 3、ユーザー アカウント制御:管理者承認モードですべての管理者を実行する
   というポリシーを無効に設定する。
 4、閉じてWindowsを再起動。
 5、再起動後、UACが無効になる。


もとに戻したかったら行ったほうを逆にする。 レジストリの手順なら"1"に戻せば良い。



お試しあれ~。(自己責任でね)
少なくとも会社のPCでやったらだめよw



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。