スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続ベンチマーク

先日のベンチマークでフリーズした原因ということでCrossFireになってた
HD4850を1枚外してシングル動作にして再テスト。

さてフリーズした3DMARK VANTAGEはというと

benti2.jpg

ということでグラフィックスが完全に負けてしまい、

Corei7-3770K TB @ 3.9GHz & HD4850CFX = スコア 15426(グラフィックス13488、CPU27120)

Corei7-3770K OC @ 4.2GHz & HD4850シングル= スコア 9308 (グラフィックス7586、CPU29192)


というふうにベンチマークで負けてしまう結果に。


フリーズの原因は間違いなく電源容量不足というか高負荷時の電源出力が安定しなかった
ということでしょうかね;

3DMARKは「フルスクリーン」でベンチマークになります。そしてCrossFireはフルスクリーンで
サポートされてる設計です(HD4800世代は少なくともそう)

ということでベンチマーク時は2枚ともフル稼働で動作するためにバカみたいな消費電力を食います。

電源的に負荷かけて1年ですからねぇ。。高出力時の安定性はどうなんだろなぁ。
(安物()の電源ですからね・・・うーんそのうち変えたいな^^;)



ちなみにラペはウィンドウモードでやってるので、CFXは使ってないようなもの。
そうなるとシングルGPUに4.2Gで稼働させたほうが都合が良いとも言える。




それでもラペはやっぱり重い部類なんだよなぁ。
クライアントの設計がクソレベル。

マルチCPUに対応すらしない。
オイラプログラムの設計詳しくないのだけどマルチ対応にするのはそんなに大変なんだろか・・
うーん。これ言い続けて4年くらいになると思うんだけど一向に改良する気配なし。

うーん。これ対応すれば、かなり快適なゲームになると思うんだが。。。
重くてストレス溜まってやめたって人もいるくらいやしね。
運営さんというか開発さんこれ見てるならぜひご一考願いますw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。