スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モニターお亡くなりになる

いままで19インチのスクエア型のモニター(LG製)のを使ってたんだな。

解像度1280×1024のやつね。 ラペも1280×800でやってた。



つい先日、モニターが省エネモードになってたはずなのに電源が切れてることに気づく。
不信に思いケーブルチェックとか色々調べるも異常なし。
何回かやってるうちに電源が入り、、しかし省エネで長時間ほっといたら
また電源が切れており(PC本体は異常なし)電源ボタンを押してもうんともいわない。


こういう場合は分解するに限るってことでモニターの電源部とかみてみると
コンデンサーの一つが膨張し、いわゆる「妊娠(抜け)が発生」してる状態
になってました。

抜けというのは電解コンデンサの内部にある溶解液が長期間の使用による劣化で蒸発し
容量が減ってしまう症状のこと。 そうなると回路特性に異常が発生してしまい、例え
ば電源が入らなくなったり誤動作が起きます。

モニターの電源部はモニター間近に設置してるので高温にさらされやすいんですよね。
大抵インバーター(液晶バックライトのCCFL管の電源回路)のほうが先にやられるのですが
大本の電源がさきにやられるとは・・・


ってなわけで急遽新品かうにも・・ってことで某所で22インチの液晶モニターを4200円という
安値で購入w

外装の若干の日焼け位なもんで他の液晶とか前面とかは普通の良品でした。
22インチで1680×1050のワイドモニターでした。

横が前よりかなり広くなったので使いやすいかも。




ちなみに6年活きてた化石もののHDDがついにSMARTのほうでBADステになりましたので
あえなくご臨終となりました。(とはいっても稼働はするのだけど念の為取り外し)



ふーまぁそろそろPCの方も新調したいなって思ったり。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。