スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KP41の諸症状が改善 

先日のBIOS等の設定を変えた結果
KP41を伴うフリーズと再起動がピタッとなくなりました。(とはいえまだそんなに経ってないけど)

いままでは1日に1~2度起きてたのでそれがピタッと無くなり、一安心。
メモリレイテンシーの見直しとか、色々効いたのかな。





さて今までAutogearというプロセスのCPU優先度を自動変更させるツールを利用してましたが
(ラペに使って優先度を通常以上か高にしてた)

新しくProcess Lassoという海外のソフトを利用することにしました。
(一応フリー/有料もある)

以下公式説明文

<プロセス ラッソ(Process Lasso)機能概要>

* プロバランス(ProBalance)
   ダイナミック プライオリティー オプティマイゼーション
   <システム上で動作するプロセスの優先順位の最適化>
* デフォルト プロセス プライオリティー
* デフォルト プロセス CPU アフェニティー
* ゲームモード構成 <ゲームユーザー等、パワーユーザーのために最適なモードを構成> 
* フォアグラウンド ブースティング<フォアグラウンド プロセスの加速機能>
* CPUスロットリング(特定プロセスで使用するCPUサイクルを設定>
* 32個までのCPUコアの調整をサポート
* メモリー(RAM)使用の調整
* 実行を継続させるプロセスの構成<プロセスの中断からの回復>
* 実行を許可するプログラム インスタンス リミットの設定
* 実行を許可しないプログラムの設定
* 実行される全プログラムをログ化
* システムのレスポンス変動グラフ
* パワースキームの変更
* スタンド アローン コア エンジン
* x86-32 ビット CPUの他に、x86-64 ビット版もあります。
* RAM、CPU等のリソースはほとんど消費しません。
* その他・・・

<コア エンジン 機能概要>(スタンド アローン版)
* 1 ~ 3 MB 程度のRAM(一般的なケース)
* システムのレスポンスとフリーズを守るためプロプロバランス テクノロジー は
   自動的にプロセスのプライオリティーを管理します。
* 希望するプライオリティーやCPUアフェニティーでいつでもスタートできるように構成できます。
* 実行させたくないプロセスを自動的に強制終了します。
* 実行を許可するプログラム インスタンス リミットを持つことができます。
* NT CPU スケジューラー
   (CPU のタイムスライスをどのように実行しているスレッドに割り当てるかを変更します。)
* Vista マルチメディア スケジューラー
   (Windows Vista/7 のマルチメディア スケジューラーを調整します。)

<GUI(グラフィカル ユーザー インターフェース)>
* プロセス ルールとステータスは、マウスの右クリック メニューにより簡単に変更できます。
* 複数プロセスを同時に選択、実行できます。
* プロセス ラッソによるコントロール アクションが実行された時、オプションで
   その内容をバルーン通知により知らせます。
* ユニークで独自の方法による、システム レスポンスの算出を分かり易いグラフにより表示します。
* メインウインドウ非表示時は、リソース消費をさらに削減します。(スリープ モード)
* GUI はコア エンジンが実行するプロセス マネージメントには必要ではありません。
   完全にクローズ状態でも何ら問題ありません。

ゲーム モード

ゲーム モード使用時、プロセス ラッソはフォアグラウンド アプリケーションに可能な最大限の優先権を与えます。 この事は、ゲームやその他のアプリケーションのレスポンスを俊敏に保ちます。







ゲームモードとブロバランス制御をONにするだけでだいぶラペの動作が違いました。
コアごとのCPUの使用率に変化が見られました。(導入前よりコアの使われ方が異なり幾分か偏重が改善された)
フォアグラウンドであるラペの動作が若干軽く感じました。
(とはいっても、やっぱり以前軽かったころに比べれば・・まだ重いのですが)

こういったツールを使ってプレイフィールが少しでも改善されるのはいいことではあるのだけど、
基本的にはラペ自体が改良・軽量化(クライアントの動作がスペック問わずに重い為)
しないといけませんね。

公式の最低スペックと推奨スペック、いまのラペではまともにプレイできません。
ラグが出てカクカクです。
推奨スペック=最低スペックといっても過言ではないので・・・。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。