スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これで設定に区切りがついたかな。

KP41が絡むフリーズ及び再起動現象について色々設定を替えたりして
昨日ほったらかしてたOCCTの6時間テスト完走が無事完了したので、
これでひと段落かな・・・。

ってなわけでBIOSのセッティング


※注

掲載以外の各所の電圧とかほんとはマニュアルにしたほうがいい(ASUSのAuto設定は盛ることがある為)
のだが、NBやSB等のうちのM/Bのモニタリング可能なものがWindows向けで見当たらず、テスターもうちに
ないので・・・仕方なくAutoとしてる。
というかNBやSBとかまで調べられるモニタリングツールは無いんじゃないかな・・。

あとFSB Strap to NorthBridge は400MHzではOS起動時失敗し再起動起きる
うーん。

ということで現在の設定について


FSB            420MHz
FSBStraptoNB    333MHz (400MHzではどういじろうと起動失敗する。)
DRAM           841MHz (規定クロック+10パー)
DRAM タイミング    6-6-6-18 (標準では5-5-5-15)
DRAM Voltage    1.98V (標準では1.8V。  KP41対策)
LLC            Enabled 
CPUスペクトラム拡散 Disabled 
CPU Clock Skew  400ps


半日テストするのもあれなので6時間ほど放置してエラー吐かずに完了してたので
これで後はラペ稼働中等で再起動かかってKP41とか出なければいいなぁ・・
de.jpg


うちのSSD(キングストン製・東芝製SSDコントローラ)は今日も絶賛稼働中。
ラペもここにぶち込まれてますw

          

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。